バルトレックスはヘルペス治療の第一選択薬

バルトレックスはヘルペス治療において代表的な薬です。治療効果が高いことから非常に人気があります。性器ヘルペスや単純ヘルペス、水疱瘡にも効果があり、病院でヘルペス治療の第一選択薬として処方されています。バルトレックスの効果や飲み方、ジェネリックなどについて紹介します。

*

通販サイトを使いバルトレックスのジェネリック薬を購入する

   

バルトレックスのジェネリック薬

ヘルペスウイルスに感染した際に、処方されるのがバラシクロビル塩酸塩を有効成分としたバルトレックスです。

バルトレックスの効果は、水ぶくれや発疹によってぴりぴりした痛みを緩和してウイルスの増殖を抑えます。これと同じ効果を持たせたバルトレックスのジェネリック医薬品は多く存在しています。

ジェネリック医薬品とは先発医薬品の特許権が切れたあとに、同じ有効成分を使用して作られたものです。そのため、効果に大きな違いなどはなく、薬価も半額以下で販売されています。

ジェネリックが安くなる理由は、医薬品開発にかかる膨大な研究費用と時間を費やす必要がないためです。

現在、国内だけでも29の製薬会社がジェネリックの製造および販売を行っており、海外のものを含めると相当な数になります。

バルトレックスのジェネリック薬の価格

先発医薬品であるバルトレックスの薬価は、500mgを1錠で405.6円となっており、1日2回服用する場合は811円程度となります。

同じ有効成分を使用したジェネリック医薬品は、薬価が半分以下になっているものも多く、治療費にお金をかけたくないといった人にとってありがたい存在です。

バルトレックスは医療用医薬品のため、医師の処方が必要なため、病院で診察を受けてからしか入手できません。先発医薬品を第一選択にしているため、ジェネリック薬を希望するのであれば、医師や薬剤師に希望する旨を伝えるようにしましょう。

またバルトレックスのジェネリックは、ネット通販で購入する方法もあります。個人輸入代行業者の通販サイトを使用すれば、海外での購入となり、日本国内の薬事法に抵触しないため処方箋がなくても購入が可能です。

販売価格は種類によってことなりますが、500mgを1錠で219.4円や188.8円などがあるため、どれを選んで服用するかは本人次第となります。