バルトレックスはヘルペス治療の第一選択薬

バルトレックスはヘルペス治療において代表的な薬です。治療効果が高いことから非常に人気があります。性器ヘルペスや単純ヘルペス、水疱瘡にも効果があり、病院でヘルペス治療の第一選択薬として処方されています。バルトレックスの効果や飲み方、ジェネリックなどについて紹介します。

*

ヘルペス治療薬バルトレックスの副作用について

   

バルトレックスの副作用について

バルトレックスは類似の薬に対して、比較的少ない服用回数で済むのが特徴です。ただ少なからず副作用がありますから、リスクを理解して服用を行うことが大切です。主なものは頭痛や眠気を始めとして、軽い意識障害を引き起こす傾眠や、吐き気と嘔吐などが代表的です。

更に下痢や便秘に腹痛といったお腹の症状や、発疹と痒みに蕁麻疹も挙げられます。光線を受けて皮膚症状を発する、光線過敏症という副作用もあるので要注意です。これらはまだ軽い症状ですが、当てはまるようなら担当の医師か薬剤師に相談することが必要です。

一方で重篤なものには、呼吸困難にまぶたや舌などの腫れ、あるいは動悸の発生があります。また発熱や出血に加えて、全身の倦怠感も確認されている症状です。
尿量の減少にむくみが生じるケースもあるので、こちらも該当する時には注意が求められます。

時には昏睡に陥ったり、幻覚や痙攣が発生しますから、こういった場合は重篤な状態を疑う必要があります。他にも稀に様々な症状が起こり得るので、もし発生したら服用を止めて速やかに医師に相談しましょう。

飲み合わせに注意する医薬品

バルトレックスには、副作用以外にも医薬品の飲み合わせに関する注意点があります。ミコフェノール酸モフェチルやプロベネシド、それにテオフィリンとシメチジンは、飲み合わせのリスクが懸念される代表的な処方薬です。

腎移植を受けた経験がある人は、処方薬の中に免疫を抑制する為の、ミコフェノール酸モフェチルが処方されている可能性があります。プロベネシドは尿酸排泄促進薬なので、高尿酸血症や痛風の治療を受けている人は注意です。

気管支喘息や喘息性の気管支炎を治療している場合は、治療薬の一種テオフィリンが飲み合わせの注意に該当します。シメチジンは胃潰瘍や十二指腸潰瘍、その他胃炎が発生している際に処方されます。

これらとバルトレックスとの併用は腎尿細管排泄の負担を高めるので、特に高齢者を中心に腎機能に影響が出ます。必ず問題が生じるとは限りませんが、併用が必要な時は腎機能検査を行い、数値の変動に気を付けることが不可欠です。