バルトレックスはヘルペス治療の第一選択薬

バルトレックスはヘルペス治療において代表的な薬です。治療効果が高いことから非常に人気があります。性器ヘルペスや単純ヘルペス、水疱瘡にも効果があり、病院でヘルペス治療の第一選択薬として処方されています。バルトレックスの効果や飲み方、ジェネリックなどについて紹介します。

*

ヘルペスは一度感染してしまうと再発率が高い

   

ヘルペスは再発率が高い

単純ヘルペスは、誰でもかかる可能性があり、感染力が比較的高い特徴を持っている皮膚の感染症です。ウィルスには2種類あり、口の周りや手などに発症する口唇ヘルペスと、性器周辺にできる性器ヘルペスがあります。

どちらも感染力が高く、一度でも感染してしまうと、疲労やストレス、風邪などで免疫力が低下すると再発しやすくなっています。単純ヘルペスに感染して発症、もしくは再発をしてしまうと、水ぶくれや発疹があらわれるので、痒みを感じたりヒリヒリとした刺激を感じることがあります。

放置しておくと治るまでにかなり時間がかかってしまいますし、その間はずっと不快感があります。また他の人にも感染させてしまう可能性が高くなるので、早めに治療をすることをおすすめします。

治療方法として塗り薬で症状を改善する方法や、バルトレックスを処方してもらい服用する方法があります。症状に合わせた治療を受けると、早めに改善が期待できるので医療機関を受診しましょう。

バルトレックスを常備する

ヘルペスは一度感染してしまうと、免疫力が低下することによって再発がしやすくなる病気です。身体の中にウィルスが存在しているため、完治するのが難しいといえます。そこで発症後にすぐ服用できるように、薬を常備しておくことをおすすめします。

症状が出て間もない頃にバルトレックスを服用することで、症状がひどくなる前にウィルスが活発に動くことを抑えることができるからです。バルトレックスはジェネリックも販売されているので、費用を安く抑えることができますし、個人輸入でも購入することができます。

ドラッグストアなどの小売店では販売されておらず、処方薬という扱いになっているので、日本で購入する場合は必ず医療機関を受診して、医師に処方箋を書いてもらう必要があります。

そうなると時間もかかりますし、診察費もかかってしまうので、少しでも薬代を安く済ませたいときは、個人輸入のジェネリック医薬品を購入するという手段があります。